2018年4月30日 (月)

日常:セキュリティ対策

■日常
息子も高2になったので家族揃って買い物等に出かけることは殆ど無くなったのだが、先日は珍しく3人で出かけた。
近所の店は誰かに見られると嫌だとかなんとか色々面倒くさいが、まぁそういう年頃だよなぁ。
 
トラブルが起きたのはその帰り。
玄関のWロックの下のカギが開かない。ピクリとも回らななくなった。
仕方なく鍵屋さんを呼んだのだが到着まで1時間。
更に鍵自体はシリンダー内部が逝っちゃっているのでピッキング的なもので開けることができない。
仕方なくドリルによる鍵の破壊となったのだが、玄関のカギは6年ほど前に息子がかぎっ子になるタイミングで、鍵の向きを気にせずに差し込めて更に防犯性も高いカギに交換していた。
これがものすごく丈夫らしく、ドリルがなかなか入っていかない。
時間近く悪戦苦闘の末、ようやく鍵を壊して開けることができ、家に入ることができた。
6年前に選んだカギの丈夫さは実感できたが、そのカギのせいでこんなに苦労するとは思わなかった。
そして鍵屋さんの出張代と新しい鍵代……結構痛い出費であった。

| | コメント (0)

«日常:初体験